ドクターヘリ−の必要性

subpage01

ヘリコプターを使用する救急医療行為は全世界で多く見られていましたが、日本でのドクターヘリ−の存在はドラマなどで広く認知されるようになりました。


一般的な認識では、ヘリコプターでの救急搬送を主な役割としていることが多く、空を飛ぶ救急車として意味合いが大きくなっていますが、実際はその名称になった理由として、医師がヘリコプターに乗って患者の元へと駆けつけるという意味を強調しています。

ドクターヘリ-情報が探せます。

ドクターヘリ−は、医療機器や医薬品を搭載したヘリコプターが出動要請に従い、医師と看護師を乗せて救急現場へ向かうものです。
医師や看護師は、辿り着いた現場で怪我人や急病人を治療し、それぞれの病状に適した医療施設へ患者を搬送することになります。
救急車のように搬送だけを目的としているのではなく、医療スタッフを適切な現場に短時間で送り込み、多くの人を延命させることを目的としているのが大きな違いです。



しかし、普及には多くの問題があり、そのひとつに挙げられるのは金銭面のことです。



ドクターヘリ−の高額な運営費や維持費は国や自治体が負担しており、患者の負担はかかりません。


そのため、簡単に費用の捻出ができず、普及をさせにくいという点があります。


また、その設備の配備に適した場所や医療スタッフの育成などもありますが、多くの災害を経験した近年では、その活動によって多くの人命救助ができるという点において、その存在の必要性が求められています。