モービルマッピングですばやく測量をする

subpage01

現代においてはITの発展とともに測量を精密かつ高速に行うことが可能になっていますが、さらに効率よく測量をするものとしてモービルマッピングと呼ばれるシステムがあります。このモービルマッピングは、専用の自動車に屋根に高性能のカメラや距離を測量する装置など多数搭載して継続的に撮影していくというもので、その撮影による得られた撮影データから物体までの距離や位置を算出して、それらのデータをもとにして自動的に三次元データを作成することができ、このためそれまで膨大な時間が掛かった立体映像の作成を短い時間で行うことができ、容易に立体的な測量データを得ることができ、また三次元データなのであらゆる方向から閲覧することができます。

また測量中はGPSによって地球上の位置を記録しながら行うので正確な測量が可能になります。

モービルマッピングに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

モービルマッピングでは従来の測量では得ることができない立体的なデータをすぐに手に入れることができ、また映像解析のプログラムを作ることにより道路の状態を知ることも可能ですしトンネル内でもその微細な起伏を感知することができるので異常を調べたり重点的に補修すべき場所を把握することにも利用できます。



このためモービルマッピングでは長大な道路のデータを一括して収集するのにも向いており、道路管理の計画を立てるさいの重要なデータとして活用できるほか、さまざまな道路に付属するものを管理する上でも役立てることが可能です。



ヘリの納得の真実

subpage02

建物や道路の形状を測定したいときに便利なのがモービルマッピングです。これは自動車に専用機械を取り付けて走行するだけで高精度で高効率に道路情報を取得できるためかなり便利なサービスとなっています。...

NEXT

ヘリが気になる方

subpage03

救急医療用の医療機器や医療器具を装備したヘリコプターを救急医療を有する病院などに待機させ、要請を受けると救命救急専門の医師や看護師がそのヘリコプターに同乗して救急現場に向かうシステムをドクターヘリ−と言います。要請を受けてからわずか数分で出発できるこのヘリコプターによって、いち早く救急現場に専門医を送り込むことが可能になりました。...

NEXT

ヘリの実態

subpage04

ヘリコプターを使用する救急医療行為は全世界で多く見られていましたが、日本でのドクターヘリ−の存在はドラマなどで広く認知されるようになりました。一般的な認識では、ヘリコプターでの救急搬送を主な役割としていることが多く、空を飛ぶ救急車として意味合いが大きくなっていますが、実際はその名称になった理由として、医師がヘリコプターに乗って患者の元へと駆けつけるという意味を強調しています。...

NEXT

ヘリの秘密

subpage04

空撮とは「空中写真」、上空から映像を撮影することです。以前までであれば空撮は「飛行機やヘリコプターに乗り込んでそこからカメラで撮影すること」を意味していましたが、近年は素人でも安価で入手可能で、簡単に操作することのできる無人航空機「ドローン」にカメラを取りつけて上空から撮影を行う「ドローン撮影」が新しい種類の空撮として台頭してきています。...

NEXT